消費者金融でお金を借りるのって怖くないんですか・・・?

取り立て、脅迫、高すぎる金利・・・このようなイメージが消費者金融のキャッシングにはいまだに強く残っているようです。
ドラマなどで怖く描き出しているところもあり、誤解を持ってしまっている人も多いようにかんじます。
しかし、実際の消費者金融はそんなに恐ろしいところではないんですよ。
こちらでお金を借りることで得られるメリットもたくさんあるので、今回はそこについて紹介していきます。


<消費者金融でお金を借りるのは怖くはない>

消費者金融は、まず、手っ取り早くお金を借りられるところが素晴らしいです。
即日審査も即日キャッシングもできるので、「今日中にお金を借りないとマズイ・・・・・・」という人の助けにもなってくれるんです。
急いでいる人は、消費者金融に申し込みをすると本当に早くお金を借りることができますよ。
銀行カードローンだとなかなかその日中に貸してくれるところは多くないので、困ったときには真っ先にこちらに申し込んでおくのがおすすめです。


<キャッシング初心者に優しいのもおすすめポイント>

また、無利息キャンペーンというものを展開しているのもサラ金ならではです。
これはそこの会社で初めて借り入れを行う人なら、30日間という期間限定の借り入れで利息が0円になるというものです。
消費者金融は金利が高く、それゆえに利息が高くなりがちだといわれていましたが、これならそんな心配をしないでキャッシングができるので楽ですよ。
このようにこちらの借り入れにもたくさんのメリットがありますし、そんなに怖いところではないので、困ったら堂々と使っていってください。

専業主婦が消費者金融でお金を借りることは可能?

専業主婦でも、貯金ではまかないきれないほどの急な出費に苛まれることがあるでしょう。
そんなときには消費者金融などのキャッシングに頼りたいところですよね。
しかし、専業主婦は働いていないためキャッシングの審査に必要な収入源を持っていません。
そんな方は、お金を借りることはできないのでしょうか?


専業主婦が消費者金融でお金を借りるのは難しい

一般的には、専業主婦でも夫の収入をもとにすれば借り入れはできると言われています。
その際には夫からの同意書や夫婦関係を証明する書類が必要です。
しかし、消費者金融の場合はかなり難しくなります。
というのも、ここは審査のスピードに重きをおいているため、そのような書類の内容が合っているかどうかをいちいち確認している時間がないのです。
そのため収入を持たない専業主婦の方は、申し込みの地点で断られてしまうことが多いそうです。
しかし銀行ではそんな主婦の方の申し込みも受け付けてくれるそうなので、どうしてもお金を借りたいときはそちらに頼りましょう。


専業主婦はレディースキャッシングという手段も考慮に入れよう

銀行での借り入れだと不都合だという場合は、女性だけが利用できるレディースキャッシングに頼ってみるといいでしょう。
それだと銀行よりも審査に通りやすく、消費者金融と同じような条件でお金を借りることができます。
ただし、すべてのレディースキャッシングが専業主婦に対応しているとは限らないので注意しましょう。
どの会社でなら借り入れができるかをあらかじめ調べておくと安心できますよ。

アルバイトでも消費者金融でお金を借りることはできる?

消費者金融のキャッシングの利用に必要なのは安定した収入だと言われています。
この「安定」の定義は曖昧ですが、とりあえず働いていてある程度の収入を持っていればお金を借りることはできるようです。
では、非正規雇用といわれるアルバイトの方は借り入れができるのでしょうか?


アルバイトでも消費者金融でお金を借りることはできる

結論から言うと、できます。
正社員よりも収入の額が低いとはいえ、給料をもらっているのでキャッシングを行うことができるのです。
しかしすべての消費者金融でアルバイトの方が借り入れを行えるというわけではないので、あらかじめお金を借りようと思っているところが非正規雇用の人のも対応しているかどうかを調べておく必要があります。
また、繁忙期や正社員の方の申し込みが殺到しているときは審査に通らなくなってしまうことがあるので、一度落ちてしまったらタイミングをずらして再度申し込んでみるという手段を取ることも考えておいてください。


消費者金融でお金を借りるコツ

審査に通る確率を上げたいなら、ちょっとしたコツを知っておく必要があります。
たとえば、一気に借り入れを申し込まないようにすること。
アルバイトの人は手当たり次第に申し込んでしまいがちですが、これは金融機関からの信用度を下げてしまう要因にもなりますのでやめておきましょう。
またアルバイトの人の借り入れ金額は正社員よりも低めに設定されがちなので、申し込みの際の借り入れ希望金額も気持ち少なめにしておくといいです。
あまり無理をせず、余裕を持って返せる額を借りましょう。

消費者金融で土日の即日融資を受ける方法

消費者金融で即日融資を受けるには、平日の昼までに申し込みをしておかないといけないと言われています。
しかし、土日でも急にお金を借りる必要が出てくるときはあるわけです。
そんなときに借りられないのであれば、利用者は困ってしまいますよね。
でも実は、土日でも祝日でも即日で借り入れを行う方法はあるんです。
では、どのような手段をとればいいのでしょうか?


消費者金融の電話&自動契約機で解決

土日祝日に借り入れを行いたいなら、まず消費者金融に電話を入れましょう。
窓口は閉まっていることが多いですが、電話なら土日でも対応してくれます。
そこで勤務状況や収入などの個人情報を伝え、そのまま審査をしてもらいます。
通過の連絡が来たら本人確認書類矢収入証明書を持って自動契約機にいき、その場でカードを発行すればATMでお金をゲットできます。
たったこれだけのステップで土日でもお金を借りることができるので、窓口が開いていないときに急ぎで借りたいという時はこの方法を実践してみてください。


即日融資でも書類の準備はしっかりしよう

即日融資ができると聞くと手ぶらで行っても借り入れができると思ってしまいがちですが、キャッシングには事前の準備が必要です。
申し込みの際、運転免許証などの本人確認書類と、ケースによっては源泉徴収票のような収入証明書の提出を求められます。
これらがないと審査を受けさせてもらうことも難しくなってきてしまうので要注意です。
特に収入証明書は会社や役所でないと発行できないことが多いですので、早め早めに用意しておきましょう。

消費者金融でお金を借りる上で気をつけるべきことは?

銀行よりも審査の通過度合いがよく、融資までのスピードが早い消費者金融。
急いでお金を借りたい人、銀行の審査に通る自信のない人にとっては特にありがたい存在ですよね。
しかし、ここでお金を借りる上で気をつけなくてはならないこともあります。
これを知った上で、自分には本当に消費者金融が合っているのかどうかを確かめてみてください。


消費者金融は総量規制の対象になってしまう

まず注意しておくべきことは、借り入れ金額の合計が年収の3分の1を超えないようにすることです。
消費者金融は銀行と違って総量規制対象外ではないので、これを超える額の借り入れはできなくなっています。
大金を借りなくてはいけない用があるという場合は、金額に注意しながら借り入れ金額を決めてください。
ちなみに、借金の額が年収の3分の1を超えてしまったらすぐに返済しなければならないというわけではないので安心してください。
ただそれ以上のキャッシングができなくなるというだけです。


消費者金融だと過払い金が発生しやすい

多くの消費者金融の会社が18.0%という金利をとっていますが、これはキャッシング業界全体の上限の金利です。
つまり、返済が延滞しているときを除いて、これより上の利率で貸し出しを行ってはいけないと法律で定められているのです。
しかし、一部のキャッシング業者の中には、この18.0%を超えた数字でキャッシングを行っているところがあるのです。
利用者はそれに気づかず借り入れを行ってしまうので、余分な利息すなわち過払い金を払ってしまうのです。
後々気づいたときには返還してもらえなくなっていた、というケースもたくさん発生しているので、消費者金融で借り入れを行う際にはここにも十分注意してください。